読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2,016年11月5日佳句です。

f:id:sanraizu11:20160424145604j:plain

上機嫌 銘酒があるよ あちこちに           雅美@はなこ母 さん

あちこちに 梯子重ねて 朝になる  恒星 さん 

朝になる 徹夜で仕事 若い頃     粋人亭の親父さん

若い頃 おれは冒険 してたのさ    竹トンボさん

してたのさ 経歴自慢 孫たちに    恒星 さん

孫たちに ゲームせがまれ わざと負け  群すずめ さん

わざと負け やっているかも プロレスも  ととろ さん

八百長さ 分かっているが 興奮し    せーやん さん

観戦し 力道山は 強かった          粋人亭の親父さん         

 強かった 父の背中は 今は無く   はるかさん

今はなく 昔の面影 探しても   さよこ さん

暗すぎて 我が故郷も 無人駅   群すずめさん

無人駅 徳島県の 田舎でも   ととろさん  

田舎でも 必ずあるよ ファーストフード   竹トンボさん

 ファーストフード 散歩の途中の ひと休み  さよこ さん

ひと休み 腰を伸ばして 仕事中     恒星 さん

パソ遊び 川柳繋ぎ ごあいさつ    粋人亭の親父さん

ごあいさつ に行ったはいいが 長居する  群すずめさん

ごあいさつ に行ったはいいが 長居する  群すずめさん

長居する 引き止められて 甘えてる  さよこさん

甘えてる 幾つになっても 子供です  粋人亭の親父さん

ペットでもさ わが子と同じ 心配を  さよこさん  

幅聞かせ 貧乏神が やって来た   ととろさん

やって来た 冬将軍が 北国に   恒星 さん

北国に 行けば見られる 雪列車  信さん

俺の句です

雪列車部屋の中では温いかも